加工方法

広げる

ラッパ加工

ラッパ状にすることでパイプの中に物を通し易くしたり、
逆にパイプが抜けにくいストッパーとしての利用ができます。
Placeholder image

Movie ラッパ加工の様子

丸める

R加工

丸状に加工することでパイプからの肉のはみ出しが少なくなるため、狭いスペースでの部品カバーや、機械を使って試料など分析などの用途に最適です。
Placeholder image

閉じる

平状溶着

パイプの片側や両側を封しすることで、液体や固体を中に詰めることができます。
Placeholder image

Movie 平状溶着の様子

丸状溶着

パイプの片側や両側を丸状に封しすることで、液体や固体を中に詰めることができます。

Movie 丸状溶着の様子

平坦加工

パイプの片側や両側を丸状に封しすることで、液体や固体を中に詰めることができます。

切る

スリット加工

スリットを入れることで、使用できる口径に自由度が生まれます。
保護カバー等に使われています。

Movie スリット加工の様子

極短カット

ストローを極端に短くカットすることで、リング状に仕上げます。

斜めカット

先端を斜めにカットします。
Placeholder image

曲げる

ジャバラ加工

ジャバラ状の加工を施すことで、自在に曲げられます。

Movie ジャバラ加工の様子

Copyright (c) 2015 シバセ工業株式会社 All rights reserved.