エンジニア紹介

代表取締役 磯田 拓也

世界屈指のモーターメーカーでモーター検査装置の研究・開発に従事した後、シバセ工業に入社。ストローの製造に携わる。

2005年に代表取締役就任。ローテクな世界だったストロー製造にハイテク技術を次々と取り入れストローを工業用部品として使用できる高精度な製品へと進化させてきた。
工業用ストローの生まれたきっかけ
まだ磯田が工場長の頃、お客様から「こんなものを作れないか」という問い合わせがたびたび入った。極端に短いモノだったり、片方を圧着したものだったり、ストローの役目を果たさない不思議な要望ばかりだ。磯田の入社前もそういう問い合わせはあった。しかし既存設備では作れなかったり、要望の精度が出せなかったりで、いつも断ってきたという。
お客様に使用用途を伺う中で、ストローは他の分野に応用できる汎用的な素材だということに磯田は気がつく。
だからこそ、どんな難題を投げかけられても常に「やってみます」と答え続けた。 技術者として数多くの難題を解決してきた磯田にとって、未知への挑戦はごく自然なことだったからだ。

ストローは軽薄短小が求められる現代の工業用部品としては最適だ。 しかも、金型が要らないため、低コスト・短期間で作ることができる。

磯田はこの需要に対応できる組織をつくるため、採用する社員は全員技術職経験者とし、 開発力向上に積極的に取り組んでいった。
そして現在、機械、電気・電子などの知識・経験をもつメンバーが、舞い込んでくる様々な課題にアイデアと技術者スピリットで、応え続けている。

各部門担当者紹介

製造技術担当者

高品質な製品を低コストで安全に、安定的に供給することが可能な製造方法を作り上げる技術者です。
また、新製品開発のキーマンとしてお客様や営業技術の要望を具現化するのも私たちの役割。
あらゆる可能性の中から最適な生産システムを構築していきます。



営業技術担当者

製品に関するご要望・ご相談の窓口となる技術者です。
お客様のご要望を受けて、新製品開発の企画・立案なども担当いたします。
「こんな形状のモノは作れるだろうか」「ロット数を相談したい」など、
どんなご質問でもお気軽にお寄せ下さい。



製造メンテナンス担当者

社内設備はほぼ全て、自社社員での修理が可能です。
トラブルを未然に防ぐのはもちろん、トラブルが起きた際にも、
迅速に対応でき、工場の安定稼働を支えています。
また、自社ホームページの管理・運営も担当し、シバセ工業の情報発信者としても活躍しています。


Copyright (c) 2015 シバセ工業株式会社 All rights reserved.